skillnoteのブログ

プレゼン技術、ファシリテーション、多様な働き方

電話

カフェで、隣のカップルの会話。

女性=リクルートスーツ、やや長身の、就活中らしき大学生。

男性=ヒップホップ風の、ダウンジャケットにキャップを被ったラフな感じ。社会人か、学生か。

2人ともそれぞれにスマホをいじっている。就活生の方の待ち時間に、彼氏が付き合ってる感じ。

さほど気にもせず、私は手帳を眺めたりしていたのだが、ふと彼女のケータイに着信が。

「もしもし。」
「はい。」
「はい。10日ですね。」
「はい、わかりました。」

あっさりしていたので、待ち焦がれていた面接通過の連絡ではなかったかな、という感じ。


彼氏「いまの誰?」

彼女「人事。面接通過の電話。」


少し置いて彼氏、
「今の電話は、良くないと思うよ。」

お、彼氏どうした。

彼氏「ありがとうございます、っていう感じが伝わって来なかったよ、聞いてて。」

彼女「え、そんな、今のは昨日の結果と、次の日程の都合を聞かれたから、必要なことを伝えたんだよ。言い方とか関係ないし。」

すると彼氏、コーヒーを一口すすって、穏やかに、
「でもさ、その会社に行きたいから面接受けてるんでしょ?そういう感じが伝わってないと思う、相手の立場を考えたら。」

彼女「企業の選考は、いちいち電話の仕方なんか見られてないよ。必要なことは、エントリーシートや面接で伝えるんだから。それに今の電話だって、別に悪くない。必要なことを伝えるのが目的で、それはちゃんとできたんだから。」

まあ、そう考えても仕方ないわな、就活生。まあ検討を祈る、と思っていたら、思いのほか彼氏が追求。

彼氏「『はい。』って言う、言い方だっていろいろあるよ。嬉しいです、次回もお願いします、っていう気持ちの『はい。』と、なんか事務的な言い方では、相手が受け取るイメージは全然違うと思うよ。僕が相手の人ならそう思うけど。」

彼女、ややムキになって
「知らないからだよ、今の就活。そんなの聞いたことないし。私、夏のインターンで電話も取ったけどちゃんとできたし、就職したらやれるから。」

彼氏、相変わらずイスに斜めに座りながら、
「そういうことじゃなくて、電話で印象って変わるでしょ、実際。人事のひとは何人にも電話して、相手がどんな反応だったか、気にしないということは、無いと思うよ。それ、わからないかな、採用の電話なんだよ?」

言うね〜、彼氏。仰ること、賛成に一票です。やっぱり社会人かな、経験に基づいた、説得力ある感じ。

この後しばらく押し問答。正当化したい彼女と、シンプルにそれ違う、と言う彼氏。決して険悪ではなくて、少し笑いもありながら。

結局、彼女が納得したようで、
「わかりました、以後そうします。ホントかわからないけど。」

とおさまって、2人仲良く店を出て行った。

いい奴だな、彼氏。

いい彼氏で良かったね、彼女。


さて、コーヒーも飲み終わったので、こちらも出掛けますか。

心地よい時間をありがとう。私も、もう一度見直そう、自分のコミュニケーション。と思いました。





*月一ペースでセミナーやってます。

【残り2席】5/22(金)

6/25(木)


f:id:ASHIASHI:20140305170058j:plain