skillnoteのブログ

はたらくを、楽しく創る

名刺の肩書きに「普通免許取得」とつい書いてしまっている問題

名刺の肩書き欄に何を書くか。SNSアカウントのプロフィール欄に何と記すか。自身で事業をされていたり、フリーランスとして何らか顧客と接する機会のある方にとっては一度ならず悩んだご経験があることと思う。

 

その上で何らかの肩書きを記すことになるのだが、特にフリーランスの講師業で時折見かけるのが、保有資格や過去の経歴をズラッと並べているケースである。

 

それを一概に否定するものではないのだけれど、受け取った相手(顧客)がその事実をどのように受け止めるのか、その結果どのような行動を期待できるのか、という点まで配慮や思考が行き届いていないと、単なる記号としてスルーされてしまうか、もしくは自身の期待役割を狭めてしまうように感じている。

 

例えば私の近接業界で多いのは、

・○○コンサルタント資格取得

・△△デザイン講座■期修了

・20**年より▼▼氏に師事

・○×★◇………

 

のような表記。その分野の専門性を後押ししたい意図で持っている資格やプログラムの履修履歴、経緯を全部書いてしまうパターンである。それはもちろん事実であるし、費やした努力とコストやそれにより得た経験は財産なのだが、大切なのは名刺を受け取った相手がどのように理解するか、ということにあると考えている。

 

「○○資格をお持ちなんですね、凄いですね。では、こんど我が社の事業について相談させてください」

 

「△△講座を修了されているのですね、では、こんな悩みがあるのですがご相談に乗っていただけますか?」

 

こんな会話に、名刺交換から発展するケースがどのくらいあるのだろうか、案外少ないものと推測している。なぜなら、程度の差こそあれそれは「私は自動車を運転できるのですよ、なぜなら普通免許を取得しているからです」と言っているのと本質的には大差が無いからである。

 

そもそも資格取得というのは、一般的に言ってレッドオーシャンの業界に突入することを意味している。既に市場が形成されているところに資格制度が整備され、日々新たに資格取得者が増加していき、その反面で顧客数は大きく増えることは期待できず、一定の段階で需給バランスが傾きごく一部の資格取得者のみが寡占することになる。なので、その資格を持っていることがそのまま仕事を得られる強みには構造上なっていない。

 

その昔、自動車という乗り物が世の中に初めて現れて、それを運転することのできる人というのは希少価値があり、また車両を所有できるという背景も含めた信用や羨望があったはずだ。しかし時間とともに普通免許が一般化してくると、資格保有の意味は単に運送旅客業界に従事するための必要条件でしかなくなった。それは、いま世の中に存在している多くの資格に言えることでもある。

 

「引き出しは、全部開けてはいけない。」

 

それが、価値提供を行う仕事に携わる人間にとって大切なことだと考えている。相手の興味関心、反応、時間の経過、社会の流れ、そういった変動する日々の中で「今」という接点に適した話題として、自身の保有スキルを自身の言葉で相手(顧客)に、手短に語ることができるかどうかが、また会いたい・相談してみようと感じていただくかどうかの分かれ目なのだ。

 

その瞬間においては資格保有の事実は自身の価値を外側でそっと支えているかどうか、わずかな役割に過ぎない。常に相手が望み、探しているのは「心から信頼し、相談できる相手」であり、それは私たち自身の心のありよう、物事の考え方、それらに即した仕事の実績・経験、発するほんの一言によってのみ伝えられるものなのだ。

 

だから、初対面の相手が目にする名刺やSNSアカウントのプロフィール欄に、これ見よとばかりに肩書きや経歴を羅列し、持っている引き出しを全部晒してしまうことは、相手の期待値を下げてしまうことになる。丁寧なコミュニケーションの合間に、反応を確かめながら一つ一つ必要なことだけ伝える方が、相手の心に響き、印象に残ることができるはずだ。

 

繰り返すがそんな観点で今一度自分の名刺、肩書きを見直してみると、相手に価値提供するために本当に必要な言葉が何かに気づき、自然と研ぎ澄まされた本当に示すべき肩書きが自分の内側から言葉化されてくるはずだ。それが相手に伝わることで、形だけの名刺交換でなく将来の可能性を含んだより良い関係性に発展していくものと考えている。

 

 

f:id:ASHIASHI:20181204115808j:image

 

 

 

【開催案内】顧客に伝わる 自己紹介のコツ

f:id:ASHIASHI:20181201202645j:image

複業家・起業家のための 顧客に伝わる自己紹介のコツ

https://kokucheese.com/event/index/547402/


・名刺交換の短い時間では、自分の専門領域を上手く伝えきれていない
・自己紹介で何をどのように話したら良いかわからず、いつも迷っている
・そもそも、自己紹介が相手に伝わっている感じがしない


そんな悩みをお持ちの方がたくさんいらっしゃいます。私たちが普段出会っているお客様は、必ずしも十分な時間をかけて耳を傾けてくれるわけではないからです。


大切なのは自己紹介の短い時間と上手に向き合い、結果として相手の記憶に留まること。この講座では皆さんの悩みに対応する具体的な知識を身につけ、ご自身のスキルとして定着いただくことを目指します。


対象:複業や起業をされ、お客様にご自身の言葉や自己紹介が「伝わる」必要性を感じている方。今後、このような働き方を目指す皆さんのご参加も歓迎です。


実施テーマ(抜粋):
・30秒ピッチ
・3分ピッチ
・「具体的」の意味
・一文を短く
・話す/聞くのリズム
・どの引き出しか
・4割は「話さない」
・視線と笑顔
・身ぶり手ぶり
・話の「間」
・自らフォローする
ほか


*講義だけでなくご参加の皆さん自身による発表ワークを多数採り入れての進行となります。


日時:2019年1月25日(金)19:00~20:30(18:45開場)


場所:i-dream吉祥寺
武蔵野市吉祥寺本町2-12-5スプリングハウスビル2F
(JR吉祥寺駅より中道通り沿い徒歩5分)
http://www.i-dreamkichi.com/access


定員:10名


受講料:5,000円(当日現金払)


お申し込み:以下の申込専用URLよりお手続きください。
https://kokucheese.com/event/index/547402/


お問い合わせ: skillnote111@gmail.com


講師プロフィール: 
芦沢 壮一(あしざわ そういち)スキルノート主宰・ファシリテーター 
1997年一橋大学社会学部卒(教育学専攻)。金融機関に入社後、人材開発部門でビジネススキル研修の開発・講師など企業内教育の推進に携わった経験を活かし、複業フリーランスとして自治体や非営利団体・企業等との連携による公開講座や研修を実施。専門はコミュニケーション、ファシリテーション、キャリアデザイン。
セミナー講師・サラリーマン・家庭人・地域人など複数の立場を両立しながら時間創出を行い「はたらくを、楽しく創る」ことにトライしている。

 

複業はやりがいだけでなく、提供価値に見合った対価を得ることに意味がある

f:id:ASHIASHI:20181112082851j:image

スキルノートの芦沢です。今日は、私がなぜ「複業による起業」をすすめる講座を開催しているのか、またそれにより対価を得ることにこだわっているのか、順を追ってご説明します。 

 

対価を得ることの意味
感覚的にはいつも、100人のうち1〜2名に共感いただけると良いなぁと思いながら、企画を創ってきました。人生100年時代の多様な働き方として世の中では 


「お金だけでなくやりがいのある仕事を
→複業・パラレルキャリア」
 
という文脈を見かけます。私は、少し違います。
 
「やりがいだけでなく、提供価値に見合った対価を得られる期待役割を
→複業・パラレルキャリア」


ということを目指しています。両者の違いは、「稼ぐこと」に対する捉え方の差にあります。
 
前者を否定するわけではありません。まず何かを始める、という段階においては収入の有無にこだわる必要は無いと思っています。
 
しかし無給での奉仕と有給での仕事では、顧客(相手)の評価軸は真逆です。
 
・無料なので、基本的に何をしてもありがとう
・有料なので、要求に見合った品質を提供してくれたらありがとう
 
はい、この辺で自分は違う考え方だ、という方は「99%」なので、私が伝えたい対象ではありません。皆さんを否定しているわけではなく、働き方の多様性の中にある、ある一辺についてお伝えしています。
 
対価を得るということには、それに見合った価値提供を伴う責任が生まれます。言い換えると、それこそが社会における自分の「期待役割」になります。

 

期待役割は自ら生み出す

サラリーマンの場合多くは会社が仕事を用意してくれ、それを分割して各部門に割り振り、さらにその中の構成員で分割して、ようやく一個人の「役割」となります。基本的に個人が自分で役割を見つけてくる、というタスクはありません。
 
産業革命以降、大手資本に資産と労働が集約され、効率的な経済活動のあり方として長年機能してきた、その代表的な働き方が「組織に雇用される」ということの意味です。
 
でも今、その経済活動の効率性自体が揺らいでいますよね。大量生産消費社会は持続しない、ということも明らかになってきました。であれば前時代に完成した働き方のままでは、遠からず無理が発生するのではないか、と考えています。そしてそのしわ寄せは、まず末端の労働者に降ってくるということが容易に予想されます。

 

期待役割を、自らが生み出す必要性が求められるのはそれほど遠い将来ではない、という感覚です。いずれ雇用が流動化し、組織に雇用されずにプロジェクトごとに適した専門性を有する要員をアサインする、フリーランス的な働き方が企業の側からも求められてくるとも言われています。

 

働き方のポートフォリオを組む

複業・パラレルキャリアの講座をこれまで20回くらい開催してきて、約600名の皆さんと対話し、それぞれの意識や価値観に触れることができました。
 
とても興味深いのは、そのうちの多くの人たちが、「普通」とされている世の中の働き方・生き方が自分にはフィットせず、苦しんだりほかのあり方を模索しているということでした。そしてその解決策の選択肢として、複業・パラレルキャリア的な働き方・生き方に光を見出しています。
 
福祉・介護職の方、ご自身に精神疾患の経験がある方、ご家族の看護が必要な方、過労と人間関係から退職した方、営業成績優先主義に疲れた方、定年が見え本来の自分を模索している方、などなど。
 
複業・パラレルキャリアという働き方は、その言葉そのままに両立支援という側面も有している、ということを福祉分野の専門家の方からも伺いました。一つの職業や役割を力強く続ける、ということが困難な場合にその重さや辛さから離れて、個人それぞれの考え方や家庭事情など状況に見合った働き方をポートフォリオのように柔軟に組み、生活の糧を得て家族と共に暮らしていく、そんな生き方です。
 
だから、複業が無給であってはその効果を発揮することはできないのです。提供価値に見合った対価を得られるからこそ、自身の生活をより実りあるものとしながら、同時に顧客の期待に応える品質を提供し喜ばれ、社会における期待役割を少しずつ形にしていくことができるからです。

 

影響を与え、広げること
もう一言付け加えると「かせぎ」の手段が2つ以上になった瞬間から、アイデンティティが自立してきます。○○会社の△△さん、から離れた別の期待役割を持つことで、本来の生身の自分が何なのか、ということを自然と意識するようになります。
 
私のこの小さな取組から既に何人もの複業による創業者が生まれ、そしてそれぞれに活躍の場を広げていらっしゃいます。これは私の力ではなく、参加した皆さん自身が内包していたエネルギーを形にするきっかけとして、講座をご利用いただいたものと理解しています。それぞれに自立したアイデンティティを有し、楽しくはたらくことを実践されています。
 
国内の労働人口に占めるサラリーマンは約85%、そのうちたった1%つまり「6,700万人×85%×1%=57万人」 の皆さんに共感いただき、実践できればちょっとしたムーブメントになるかなぁと、日々空想しています。
 
57万人というのは、決して不可能な人数ではないと思っています。既に数十万人の皆さんにこういった考えを書き連ねたブログの記事をお読みいただき、Facebookのイベントページは時に数千から1万人を越える皆さんが見て下さっていますし、なによりも講座に参加いただいた600名の皆さんから広がる影響の輪は、数千数万と今も広がっています。
 
これが、いわば私なりの働き方改革です。これからも少しずつ、続けていければと考えています。共感いただける皆さんのご参加を、これからもお待ちしています。
 
 
 

 
◆次回のご案内:複業実践塾(12/22土)
https://kokucheese.com/s/event/index/544288/

 

物事をわざわざ野球に例えてはいけない

f:id:ASHIASHI:20181003210251p:image

「全員野球内閣」という言葉を聞いて、まぁその昭和的な響きはそれとして、普段から気になっていることを思い出した。

 

マネジメントに関わっている40〜50代以上の男性というのは時折、いや人によってはそれ以上の頻度でよく、相手に物事を説明したり伝えたりする際になぜか「野球」に例えるフシがある。

 

 

・来た球をとにかく打て

・常にフルスイングだ

・変化球に対応しろ

・今は9回裏ツーアウト満塁だ

・攻守交代だ

・エラーを恐れるな

・牽制球を投げろ

・ストライクゾーンを広く持て

・どこでも守れるようにしておけ

 

 

伝わらないから。残念ながら確実に伝わってないから。だいたい最近はプロ野球中継をじっくり見る、という娯楽は一般的でなくなったし、余程のファンでない限りナイター観戦には行かない。

 

年齢層が若いほどサッカー比率は高いし、高校野球が話題になるのはプレー以外の高校生ゆえのドラマとか、選手のごく個人的な魅力による部分が大きい。野球ルールや野球そのものを知っている人は年々少なくなっていて、例え話にされても余計にわからない、という人が実は多いのではないかと推測している。

 

そもそも「例え話」というのは難解な話題を理解しやすく伝えるための工夫であって、

・身近なものに置き換える

・シンプルなものに置き換える

・特徴的なものに置き換える

ことで、本来伝えたい内容の主旨が変わらない範囲で、相手の理解を助けることが目的で、言い換えるなら「ピンと来る」ことが必要だ。

 

だから「全員野球」と言われてもピンと来ないし、じゃあ「全員じゃない野球」もあるのだっけ、とか「全員サッカーではダメなの?」など、突っ込みどころ満載である。

 

などと思いを巡らせていたら、同じことを思っている人がどのくらいいるのか気になって仕方ない。そして、挿し絵の「いらすとや」さんにはたくさんの野球イラストがあった。何とも言えない気分である、おしまい。

 

「誰でも/気軽に/無料で/楽しく話せるイベント」で得られること

f:id:ASHIASHI:20180930095628j:image

スキルノートの芦沢です。さて、

 

・誰でも参加できます

 

・お気軽にお越しください

 

・参加費無料

 

・みんなで楽しく話そう

 

・当日参加もOK!
 
 
このようなイベント案内を目にすることはありませんか?
 
これらのうち複数が散りばめられているイベントには基本参加しません。得られるものがほぼ無い、と経験的に感じるからです。
 
「誰でもがダメ」とか、「無料がダメ」とか、「楽しいのがダメ」とか、そういう意味ではないです。
 
これらの要素が複数詰まったイベントに、参加した後のことを考えれば明らかです。
 
参加者は「お気軽に」「楽しく」「みんなで」話したので、そのテーマの真の「当事者」には、なりえないと思うからです。
 
しかもフラリと「当日」「無料」参加でした。投下コストはゼロです。「他人ごと」のままで何かにコミットする、あるいは投下コストを回収するために行動する、動機付けがありません。
 
世の中には残念ながらこの手のイベントに事欠かないばかりか、それでOKと思っている人もいらっしゃるので、あまり課題として認識されていないようにも見えます。

 

いやぁ、そんなにガチで怒らなくても良いではないか、という声もあるでしょう。まぁ、気楽に楽しい娯楽的な時間もあり、とは思います。

 
しかし、イベントは時間拘束を伴います。せっかくなら、主催する側にとっても参加する側にとっても、できる限り意味ある時間となることを、場づくりに関わる一人として願っていますし、その責任の一端も感じています。

 

皆さんは、日頃どのように感じていらっしゃいますか?

 

* * * * *

 

お伝えしたかったことは以上です。ここから先は宣伝ですので読み飛ばしてください(笑)
 
そんな状況に対して私ができることは何かな、と考えて作ったのが「伝わる講座のつくり方」です。

f:id:ASHIASHI:20180930095648j:image
一年かけて何度か開催するうち、共感いただき、具体的に行動されるみなさんに出会えています。とても、嬉しいです。
 

大切なことは大きく2つ、「これはあなたのためだけに用意した時間なのですよ」という絞り込みと、それに応える「品質」です。


講座に参加された皆さんは、真剣にいろんなものを投下して、意味ある場を様々に生み出されその後も努力されています。そんな皆さんをこれからも応援しながら、意味ある場を増やしていきたいと思います。
 
 

◆11/16(金)伝わる講座のつくり方https://kokucheese.com/event/index/538607/

Facebookイベントhttps://www.facebook.com/events/603411513412672/

 

【開催案内】はたらくを、楽しく創るタイムマネジメント

f:id:ASHIASHI:20180915222029j:image

スキルノート 主宰の芦沢です。学びの秋、日々を振り返って日常の時間配分、過ごし方の優先順位を見直しませんか?

 

タイムマネジメント講座との出会いは15年ほど前、企業の人材育成部門で仕事をしていた頃にエッセンスを学びました。従業員向けに全国30ヶ所以上、約1,000名の皆さんに向けて研修を実施。その後時間が経過し自身の仕事マネジメントとして発見・実践したtipsをちりばめ、2017年にあらためて新たなメソッドと共に再構成しスキルノートの講座として完成したものです。

 

これまでに企業研修や異業種交流会の学習テーマとして採用いただいています。ポイントは「生産性・効率」に振り回されない、タイムマネジメントの本質を見極めることにあります。今回は公開講座として開催しますので、様々な属性の皆さんと共通テーマとして学びを深めるチャンスです。開催までちょうど1ヶ月、関心のある方はぜひエントリーください。

 

【講座案内】
日々の仕事と暮らし、そこで果たしたい成果や自己実現。しかし今の社会では様々な要素や情報が常にコップ一杯に満たされていて、自分が心から望む優先順位の通りに実行することが困難です。この講座では「はたらくを、楽しく創る」ことを目指し、自分らしく仕事と人生を楽しむためのタイムマネジメントについて学びます。


日時:2018年10月18日(木)19:00~20:30 (18:45開場)


場所:武蔵野プレイス 3F スペースE
http://www.musashino.or.jp/place/_1205.html


定員:12名 (先着順)


受講料:2,000円


お申込み: 申込専用URLよりご登録ください。
https://kokucheese.com/event/index/536908/


対象:「はたらく」と「暮らす」のバランスを自分らしく創り、人生を楽しみたい社会人の皆さん。サラリーマン・事業者・主婦・仕事見つけ中の方、いずれも歓迎です。


実施テーマ(抜粋):
・働き方、生き方を見直す機会
・時間確保、やりたい事見つけ、居場所探し
・緊急と重要のマトリクス
・生産性、効率性の誤解
・完璧を求めない
・かせぎ、しごと、くらし

 

Facebookイベントページ:
https://www.facebook.com/events/433747653815565/


講師プロフィール: 
芦沢 壮一(あしざわ そういち)スキルノート主宰・ファシリテーター 
1997年一橋大学社会学部卒(教育学専攻)。金融機関に入社後、人材開発部門でビジネススキル研修の開発・講師など企業内教育の推進に携わった経験を活かし、複業フリーランスとして自治体や非営利団体・企業等との連携による公開講座や研修を実施。専門はコミュニケーション、ファシリテーション、キャリアデザイン。
セミナー講師・サラリーマン・家庭人・地域人など複数の立場を両立しながら時間創出を行い「はたらくを、楽しく創る」ことにトライしている。

 

◆企業向けの研修メニューはこちらからhttps://oncy.jp/profiles/1604

 

複業の仕事はどこで獲得する? 顧客獲得に使えるwebアプリと顧客導線の考え方

f:id:ASHIASHI:20180921181905j:image

スキルノートの芦沢です。事業化を目指して複業を始める際の課題は大きく2つあると考えています。1つ目は専門領域を持ちその分野の専門家として認知されること、2つ目は具体的に顧客を得る仕組みを得ること、です。1と2は繋がっているようで実は別の要素である点がポイントです。 


つまり、ひたすらに自身のスキルを磨いたところで自動的に顧客から問い合わせがくるわけではありません。逆に、2を整えると1が多少未熟でも顧客はつきます。不思議ですよね、でもそれが現実です。 


整理すると、顧客導線をどのように確保するか、何種類のパターンを持つか、という課題になります。一つの近道は、既存のマッチングサービスを利用すること。まずは世の中に自分の専門スキルを欲する人がいるのかいないのか、その価格は幾らくらいなのか、相場観を知ることができます。
 
私自身、創業時から手当たり次第にwebアプリの仕事マッチングサービスに登録してみました。その結果、私の専門領域においてわかったこととしてはおおよそ次の通りです。
 
クラウドワークス系のC to Bサービスは一つ一つの仕事ボリュームが小さく、また供給過多で単価が低い。例えばライティング系は恐ろしく単価が安く、記事数を得たい発注側と安くても実績を得たい受注側のバランスで成り立っている。


・タイムチケットなどのC to Cサービスは、事業というより趣味や習い事の延長領域が多い。成功パターンはあるはあるようだが、今ひとつ事業としての顧客ニーズが見えない。


・メルカリが一時参入したC to Cのスキルシェアサービスは4ヶ月でクローズ、ビジネスベースに乗らなかった。メルカリ本体はご存知の通りで「せどり」には最適だが、それは「副業=小遣い稼ぎ」の世界なので当方としてはお勧めしていない。しかし、副業的な顧客獲得の知恵は常に視野に入れておく必要がある。


・minneは女性のハンドメイド物販などC to C販売の老舗で相変わらず好調。単価は安くても手間を効率化して数が捌ければ十分に成り立つ。講師業などのスキルシェアには向いていない。
 
 
さてテレビの報道番組で複業・パラレルキャリアの特集が多かった時期に「誰でも得意を活かした講師業をワンコインレッスンで実現」という切り口がよく紹介されました。しかし単価500円の顧客を何人集めたところで事業という規模には程遠いのが現実。なので結局ワンコインのスキルシェアサービスは淘汰されつつある、ということになりますが、ここは予想通り。
 
そして、数少なく使い勝手の良いサービスとして、ビザスク(visasq)があります。こちらはC to Bが基本で、たまにC to Cの依頼もあります。「スポットコンサル」専門なので、それぞれが持っている専門領域についての相談やヒアリング・事業支援など、期待されている役割をあらかじめ絞り込んでいる点が複業による起業と相性が良いように思います。
 
おおよそ1〜2時間程度の拘束で、平均受注単価は15,000円とwebサイトに記載があり、実感値も同様です。なお仲介手数料が3割なので手取りは10,500円になります。
https://service.visasq.com/
 
この単価そのものは十分に高いとは言えないものの、最低限のラインは維持できており拘束時間の短さと合わせれば受注側としても合理的です。これが取引のきっかけとなり、周辺領域や顧客紹介で事業の広がりが期待できます。広告記事では決してないのですが、もし複業の顧客導線をゼロから作る際に便利なwebサービスは? と聞かれたら迷わずビザスクをお勧めしています。
 
大切なのは冒頭に書いたように「顧客導線をどのように確保するか、何種類のパターンを持つか」ということですので、一つの支援サービスにおんぶに抱っこは事業の安定化には向いていません。
 
その意味で資格・のれん取得からのライセンスビジネスの判断が難しいところはこの点で、立ち上げ期から顧客はコンスタントに得られるものの他の仕事を獲得する導線作りに手が回らず、ほぼそのライセンスの専門講師となり、結局「鵜飼の鵜」のように手数料を納め続けることになります。本来目指していたオリジナルな自身の事業領域を深めたり、その顧客層が広がるチャンスを逃してしまいます。
 
一番強いのは自分で編み出したオリジナルコンテンツの精度を高め、その意味や魅力を丁寧に想定顧客層に伝えるコミュニケーションを大切にすること。具体的にはブログやSNSなどをオウンドメディアとして活用し、どんな理念に基づきそのサービスを手がけ生み出したのか、というストーリーを自分の言葉で語り続けることにあります。
 
そうするとある日、検索や通りすがりに出会ったアンテナの立っている顧客と波長が合う瞬間があり、即決で仕事につながります。「あなたのブログを全部読んで、オファーしました」というスタートラインは何にも変えがたい強い信頼関係にあり、「提供サービスの質とその対価」が適切なものとなります。
 
そうして出会った顧客と契約し、期待に答えるサービスレベルを提供できるかどうか、顧客満足度を最大限に高めることが次の課題として引き継がれますが、その話はまた別の機会に。

 

 

◆追加情報

先日、研修講師と依頼企業をつなげるC to Bのマッチングサービスを開発されている「講師に直通 研修依頼プラットフォーム【Oncy】 (オンシー)  」ご担当者とお話する機会がありました。これまでの課題を解決する形で制度設計されており、その理念にも共感したので登録してみました。適切に機能するかどうか、実験としてしばらく取り組んでいく予定です。

 

参考:スキルノートの企業向け研修メニューはこちら

https://oncy.jp/profiles/1604