skillnoteのブログ

プレゼン技術、ファシリテーション、多様な働き方

企業団体・非営利組織向け事業支援のご案内

f:id:ASHIASHI:20171114211742j:image

こんにちは、スキルノート 主宰の芦沢です。10~11月は働き方の多様性について考える2講座「地域で輝く2枚目の名刺」、「働き方のReデザイン~複業での自立と地域貢献~」に大きな関心をお寄せいただき、合計で70名近いご参加をいただきました。

柔軟な働き方は、そのまま柔軟な生き方につながります。私たちが持続可能な人生をおくるために今立ち止まって考え行動することは、自分だけでなく後の社会を良くするものと信じ、引き続き取り組んでいこうと思います。

 
さて、スキルノートでは企業・団体や非営利組織の皆様の人材育成支援や事業支援を実施しています。今年も複数ご採用をいただき実施して参りましたが、2018年度の職員研修や組織強化にご検討いただきましたら幸いです。

 

■組織強化、人材育成:企業・団体において定期的な訪問による研修実施、担当者と一対一の事業相談を通じた行動力の引き上げを行います。対象者と課題意識に合わせた支援内容をカスタマイズいたします。(半年~1年間、月1回2〜3時間訪問)

 

■ビジネススキル研修:企業・団体における職員の基礎スキル向上策として、「リーダーシップ基礎理解」「問題解決力を高める発想力・思考力の強化」「プレゼンテーション技術の習得」「社内ファシリテーター養成」「組織のコミュニケーション強化」の研修を実施いたします。(1回90分~120分、複数回シリーズ可)

 

助成金申請シナリオ構築・プレゼン参画:公益団体およびNPOを対象に、地域活性化地産地消・子育て・アートフェス等に関する事業支援助成金の獲得支援を行なっています。助成金は文字数の少ない書面と数分のプレゼンテーションで成否が決まります。プレゼンチームに参画しながら的確な伝え方をご指導し助成金を得ることで、公益事業の発展にご活用いただけます。(申請内容により応相談)


スキルノート 主宰 芦沢壮一(あしざわ そういち)
skillnote111@gmail.com

「あなたは役立っているよ」という気持ちは口に出すことで輝きを放つ

f:id:ASHIASHI:20171020165553j:image

今年の初めから継続的に人材育成のご支援をさせていただいている非営利団体さんがあります。月に一度お伺いし、何人かの担当者さんとの面談を通じ事業の課題を共有したり、解決の道筋を一緒に考えたり、想いや時には不満を受け止めたりしてきました。

 

自分自身として「部分的には、何らか役立っているはず」という主観的な考えはあるものの、短期的に成果につながるものではないので、確証のないままに過ごしていました。そんな矢先、いつものように訪問した際にマネージャーの方から「あなたのおかげで、うちのメンバーがイキイキしているよ。適度な緊張感と楽しみな気持ちで、前向きに取り組めているよ。」といった主旨のお声掛けをいただきました。

 

思いがけずそんな言葉をかけていただき嬉しいのと同時に、ああ気持ちを言葉に表すという行為のパワーは凄いなあと感じました。逆に、どんなに心の中でポジティブな感情を持っていたとしても、ハッキリと口に出して相手に伝えない限りそれは伝わらないのです。

 

自分自身の行動を振り返り、果たして日頃お世話になっている周囲の人たちに、「あなたは役立っているよ」という明確なメッセージを発しているだろうか。口に出すことでその言葉は初めて輝きを放ち、相手も自分も幸せな気持ちを共有できるはず。そのように心がけようと心に決めた、そんな日になりました。

 

 

「バズる記事」は本質的な変化を遠ざける

 f:id:ASHIASHI:20171017203828j:image

これまでの価値観を根本から見直すような本質的で真理を突いた意見を明確に述べることと、その文章がweb・ソーシャルメディアを会して何万何千の人たちに支持され読まれる(バズる)こととの間には、正の相関関係は無いと常々感じている。

何万何千の「いいね」やブックマークを得るということは、つまりマジョリティーの意見をその文章が代弁しているということだ。同感・共感のシェアは「ああこの人は自分と同じ想いで、それを自分に代わりわかりやすく表現してくれている」と感じることで生まれ、それが受け手からさらに拡散し、より多くの人の目に届くという仕組みだ。

しかしよく考えてみると、マジョリティーの意見というのはおおよそ、これまでの歴史や生活を基盤にそれを守り育てる方向にベクトルは向いている。そりゃそうだ、誰も自らのやってきたことを率先して否定はしたくないという自然な想いを持っているからだ。つまり、社会全体としては常に「変化」は嫌われる傾向にある。その中で広く支持される意見というのはどうしても過去の価値観に従ったものになり「あるある」的な予定調和の話題ほど違和感なく多くの人に好まれるものだ。

ところが社会に何かしらの課題が発生していたり、世の中の価値観が変化していく節目においては、そのバズる情報が「変化を遅らせ、遠ざける役割」にしかならないことがある。自分としては薄々これじゃダメかもと感じている萌芽が、多くのマジョリティーの支持意見を目にすることで抑え込まれ、まだまだこのままで大丈夫と自分を言い聞かせ、そして変化のタイミングを次第に逸していく。

今日もまたきっと幾つかの文章が拡散され私たちはそれを目にすることになるだろう。親切や感動のエピソード、親や友人との会話からの普遍的な気付き、働くことや会社組織のあり方についての教訓、、、。

それら一つ一つを否定したいわけではない、書き手にとっては素直な想いの発信であろう。ただそれが多くの人に好まれる文章であればあるほど、旧来的な価値観に基づいた、ともすると社会の変化を遠ざける意見である可能性が高いことを、頭の片隅に置いておいて欲しいのだ。家族観、子育て論、教育論、労働観、リーダーシップ論 etc. 時折議論になるそのどれもが、古くからの価値観と新たに接する出来事との折り合いの話題になる。そして、自然とより多くの声が集まる方へと収束してしまう。

寄らば大樹の陰とは昔の人はよく言ったものだ。どうしても私たちは他人に嫌われたくない、多くのひとと同じ側に立ちたいという同調バイアスがあり、意識せずともそちら側に判断軸を傾け、安心感を得ている。反面、それでは世の中変わらないよね、ということも同時に言える。どれだけ意識的に、他人と異なる意見をヨレずに表現し伝えられるか。また多くの人に支持されなくとも、真意が伝わる相手が一人いれば良いという気持ちでいられるか。それは自分自身とのとの闘いの日々だ。

本質的で真理を突いた、過去の価値観を否定する意見は多くの人には好まれない。だけどそれを表現する使命が自分にあるのだと感じるのなら、続けて行くのがいい。時を経てきっといつか想いを同じくする誰かに届き、社会が必要とする変化の局面に立ち、いよいよ機が熟した時それが少しだけ役立つことができるはず、僕はそう願うのだ。

なぜ今、パラレルキャリアなのか(寄稿記事)

特定非営利活動法人 NPO・えん 様の機関紙「万里夢(マリーム)」2017.10発行号へパラレルキャリアについての記事を寄稿させていただきましたので、その内容をご紹介します。

http://www.npo-en.com

f:id:ASHIASHI:20171004111150j:image

皆様はじめまして、私は現在サラリーマンの仕事と別に、「スキルノート」という事業名でコミュニケーションやビジネススキル・多様な働き方に関するセミナーの講師をしています。最近少しずつ聞かれるようになった「パラレルキャリア」という働き方、生き方です。そんな形に切り替えて約5年になりますが、続けてみて感じていることを今日はご紹介します。

 

5年前というのは東日本大震災が起きてしばらく経過した頃で、旧来型の価値の見直しや働き方・生き方を具体的に変えようという人たちが現れ始めた時期です。私自身もそれまでの「猛烈サラリーマン人生」というレールに疑問と疲れを感じていたこともあり、何かできないものかと機会を探っていました。元々大学時代には教育学を志していたこともあり、企業に入社後の経験を振り返り最もしっくり来た仕事として「人材育成に関する役割」に焦点を当て、記憶や経験の整理を始めました。

 

そして日ごろから興味関心を持ちインプットしてきた人材育成に関する知見や、勤めの仕事を通じて得てきたものを一貫性のあるメッセージとともに形にし、社会に役立てていきながら自分自身の2本目のキャリアとして並走させてみよう、という取り組みを開始しました。「講座・研修」というスタイルを軸に定め、現在は年間約20~30回程度を自治体や企業、NPO等との連携により実施し、同時にブログ・SNSからの情報発信を行っています。

 

一連の取り組みを通じて感じていることは、いま世の中では「リスク」の内訳が変化しているということです。これまでは「他人と同じことをし、一つのことを続け、ルールを決して逸脱しない」ことがリスクを回避する正解とされてきましたが、今はそうすることが逆にリスクを高めているように思います。

 

私たち人間は元来身を守る習性として「安全バイアス、正常性バイアス」が働き、変化を好まない傾向にあります。働き方・生き方においても同様で、周囲を見渡して逸脱しない選択肢こそが安全のように思い込まされています。しかし現実には、少子高齢社会や市場経済の縮小など世の中のモノサシ自体が変化している中では自然と「リスク」の意味も変わり、むしろ「変化をしない」ことがより危険な状況を招く可能性もあるのです。

 

昨年出版され話題となった「LIFE SHIFT」(リンダ・グラットン他 著)に描かれているように、平均寿命が100歳を超える長寿社会を生きる前提で私たちは生活設計をする必要が出てきました。するとこれまでの「教育(学校)→労働(会社)→引退(老後)」というタイムテーブルは意味をなさなくなります。なぜなら多くの人は退職金や年金のみでは生活を維持できず、70歳や80歳を超えても収入の糧を得る必要が出てくるからです。

 

であるならば生活費を得るためだけに「苦痛を伴う仕事」を我慢しながら続けるのではなく、自分自身の興味関心を高めながら社会に価値を提供する働き方のほうが、長い人生を無理なく支える「本当の仕事」となりやすいでしょうし、人生そのものがより充実していくのではないかと考えています。

 

「本当の仕事」の中身は人により異なりますが、本人にとってはそれに取り組むことが楽しく好奇心が満たされ、また周囲の人々や社会にとっても価値が高いものであると対価を得られる継続しやすい仕事になっていきます。

 

そして何より大切なことは、取り組みのスタートは早ければ早い方が良いということです。退職してからさあ始めよう、ではなく30代、40代のうちから勤めの仕事と並行しながら何らかの種まきをし、知識やスキルをインプットすると同時に常にアウトプットを心掛け、会社という枠の外側で一個人の立場として人脈を広げておくことが、近い将来の事業創出の財産になり、それがリスク回避の手段ともなります。

 

上記「LIFE SHIFT」の中でもこういった兼業スタイルは「ポートフォリオ・ワーカー」として紹介され、今後変化していく社会において選びうる働き方の一つとされています。決してこれだけが正解ではないですし、人それぞれの立場や状況により適した働き方・生き方は様々にあるのだろうと思います。

 

私たちそれぞれに今求められていることは、将来の生活や社会の姿を自分なりに捉えながら、旧来のモノサシにこだわることなく柔軟に「リスク」を取ること、用意されているレールを正確に進むのではなく自らが新しいレールを轢いていくのだという意識を持つことだと考えています。パラレルキャリアを実践する日々の中で自分自身の現在と将来をおぼろげに見つめながら、そのように感じています。

 

 

「いつか」はいつか?

 

いつか、自分が本当にやりたいことをやろう。

 

では、その「いつか」はいつやってくるのだろう。

 

自分が本当にやりたいことは、「いつか」がやってこないと出来ないのだろうか。

 

本当にやりたいことよりも優先して日々やっていることは、自分にとってどんな意味があるのだろう。

 

そうして過ごしている毎日に、自分は満足しているのだろうか。

 

もし満足していないのなら、どうすれば満足するようになるのだろう。

 

おそらく未来というのは、一つ一つの小さな行動の積み重ねによってしか形作ることはできない。

 

だから、小さくても日々何か行動することが、自分が本当にやりたいことへと進む、ただ一つの方法だ。

 

「いつか」はたぶん、いつまで待ってもやって来ない。自分が今日という日を「いつか」に変えない限り。

 

 

【10/29】地域で輝く2枚目の名刺作り講座 http://kokucheese.com/event/index/482598

f:id:ASHIASHI:20171002213326j:image

「仕事のコントロール度が低い」だけで人は心身に異常をきたす、という実体験

f:id:ASHIASHI:20170915193508j:plain
今日は勤めの方の仕事にまつわる出来事に関して自分が最近経験したことについて書いてみようと思います。
 
新卒からサラリーマンになりちょうど20年が過ぎた節目の春先に、それまでまったく未経験のシステム開発部門へ配属となりました。
 
そこでの専門性に関わる保有スキルは特段無く、また管理職でもないのでどんな役割なのだろう、人事の配置ミスでは? などと当初は半信半疑でした。
 
行ってみれば管理者の下に着き、チームの潤滑油的な立ち位置でプロジェクト全体と自部門との調整を行ったり、また自部門に関わる課題解決の道筋をつけたり。それからメンバーにとっての障壁を取り除くお手伝いをしたり、その他周辺業務の雑用を担ったりする、まぁ「何でも係」という役割に落ち着きました。
 
それはそれで必要な役割ですし、日々を過ごして行く中で自分なりに立ち位置や振る舞いもおぼろげに分かってきたので、仕事の全容や詳細が理解できないなりにも楽しんでおりました。
 
自部門のチームメンバーの人間関係は、過去20年に経験した幾つかの組織と比べても良好で、皆が協力して明るい雰囲気が常に漂う理想的なものでした。ただ、仕事そのものに対する一つ一つの要求度は高く、スケジュールの厳しさと併せて過去の経験と比しても「激務」と言われる範疇に入るかと思います。
 
ふと振り返ると、仕事の要求度合いが高い職場は仲が良く、割と余裕のある職場は人間関係が悪くなる傾向にあるように思います。忙しいとケンカする暇すらなく、課題解決のためには自我を抑えて仲間と協力することが最善だから、という仮説を思い立ちましたが、それほど外れていないように思います。
 
そして着任から4ヶ月くらいの間、わからないことは人に教えを請い、突発案件には呆然としながらも善意の助けをいただき、また難解な事案はモヤモヤのまま出来る方へとバトンタッチし、という何とも予測不能な日々を過ごしました。
 
そうして疲労の蓄積を感じながら待望の夏休みをようやく迎えた初日の夜、ふと体中にムズムズと違和感を覚え、どうにも収まらず翌日曜日に休日診療所へ駆け込むと「ストレスと疲労によるじんましん」との診断をいただき、一週間をうまく表現できないような、過去経験したことの無いかゆみや疲労と共に、ほぼ寝込んだまま過ごすことになりました。
 
その後仕事に復帰した後も繰り返し現れては消えるじんましんと付き合う日々が続き、幸い悪化することはないとはいうものの一喜一憂の毎日で、それから1ヶ月半が経過して今に至ります。医師からは、まぁ長くかかるから焦らずゆっくり治しましょう、とのアドバイスと投薬を受け、仕事量を調整しながら最近ようやく体調を取り戻しつつあります。
 
そんな時に勤務先で「ストレスチェック」の機会がありweb診断したところ、「職場のコミュニケーションや家族の理解は十分だが、仕事そのものに対するコントロール度が著しく低いため、ストレスを感じることでしょう。早めにリフレッシュして心身の健康を保つことを心がけてください。」との診断結果。
 
うーん、ズバリだが一歩間に合わなかったかな笑
 
ともかく、ポイントは「仕事のコントロール度」なのかと、たいへん腑に落ちる結果に納得しました。つまり私たちが普段無意識にやっていることとして、
 
・この仕事ではだいたいこんなタスクが発生する
 
・時折、突発案件が来ることも覚悟している 
 
・自分の出来る範囲はここまてでで、そこから先は出来ないし役割でもないのでやらない
 
・この課題なら誰々さんと誰々さんに聞けばわかるはず
 
・おおよそこの山は○日間で片付くはず
 
・自分の権限としてここまでは押せて、そこから先は無理
 
・自分はこのように振る舞えば、仕事の成果も人間関係も許容範囲に収まる
 
みたいな事を、出来事が発生する瞬間瞬間にやっているのですよね。それで、凡その「アタリ」をつけて、予定調和を生み出すというか、安心して役割に没頭できるわけです。
 
そうやって地ならしをしておくことで「仕事のコントロール」を行うことができ、難解な役割であっても予測精度を高めながら、ある意味トラブルも楽しんでゲーム感覚でクリアしていき、同時に一定の達成度も感じたりすることができるのです。
 
それは会社の仕事だけでなく、家事育児も同じようなことが言えるようにも思います。乳児の世話がなぜたいへんかというと、いつお昼寝をしていつ目覚めるのかが事前にはわからないから、という母親の声を聴いたことがあります。仮にお昼寝時間が事前にきっちりと予測やコントロールできるのであれば、目の前の苦労も「あと30分で寝てくれるまで頑張ろう」という精神状態になりますが、実際はそうではないのでコントロール不能の疲労感を感じるわけです。
 
ということで、人は「仕事のコントロール度が低い」だけで心身に異常をきたす、という体験を現在進行形で行っています。そして面白いもので、受けるストレスと体の反応がリンクしていて、「コントロール度の高いこと」をやっている間はほとんど症状は出ないか、ごく僅かなのです。

趣味の畑仕事や、ライフワークとして続けているビジネススキルや多様なキャリアに関する講座(skillnoteの活動)など、若干ペースは落としながらもこの間にほぼ支障なく出来ていますし、逆にその時間を過ごすことにより心身の回復に貢献しているように実感しています。

むしろ後者の関係でお会いしている方々には何のこと? という印象かもしれません。それだけ、自分で自分の行動を決めることができる、決裁権があることには意味があり、ゆえにパラレルキャリアという選択には相応の価値がある、ということにも繋がります。(この点はいつもこのブログでお伝えしている通りです)
 
とりとめのない話になりましたが、いま自分自身に起きていることを人生における貴重な経験の時間として受け止めながら、気長に回復を目指していければと思います。

「非営利活動・市民活動」はどうして「団体」でないと認められないのか

f:id:ASHIASHI:20170724215703j:plain
当方の講座受講者の方から「非営利活動・市民活動」はどうして「団体」でないと認められないのですか? というご質問をいただきました。

事実、多くの公的機関や行政による支援制度や助成金などは、NPO団体あるいは任意団体による活動のみを対象とし、個人活動は対象外としているケースが多いように経験上感じます。

私自身は、そのあり方自体が非営利活動・市民活動の広がりを妨げていて、また非営利活動自体のクオリティが十分に高まらない一因であるとも考えています。

考えられる「団体」制限の理由としては、個人では市民活動としての公益性や非営利性を保障できず恣意的となるおそれがあることと、反面で複数人であることでそれに対する牽制効果が働くから、というのが団体要件の根拠ではないかと推測しています。

しかし、本当にそうかどうかは疑問のあるところで、意思ある個人が個人として活動することの価値を認めないのは性悪説のように思います。個人であっても社会や地域にとって何が大切かを考えている方は多数おり、また個人活動だからこそ究極のこだわりやユニークな発想を迅速に形にできるという利点が確実にあります。

組織の意思決定は常に困難を伴うものですが、非営利の市民活動において平等な全ての参加者の合意を得ることの困難さ、アクションを一つずつ実現していくハードルの高さは、経験した誰もがご存知だと思います。振り返れば不毛な議論に時間と体力を使い、そして人間関係までもに悪影響を与え疲弊することも決して稀ではありません。

であるならば、団体という形にこだわらず、個人の自由な活動に対してもそれが社会や地域にとって有益なものであるならば差異を設けずに支援していくこと。

それが「非営利活動・市民活動」の質を高め、参加者の裾野を広げることに確実につながると考えていますが、皆さんはどのように思いますか?




【主催講座】
複業塾・やわらかい生き方をつくる講座<リクエスト開催>8/19(土)