skillnoteのブログ

プレゼン技術、ファシリテーション、多様な働き方

高すぎるサラリーは人生の優先順位を狂わせる

f:id:ASHIASHI:20170221082648j:plain
お金は、ある意味麻薬だなと思う。一定額以上のそこそこ満足する収入を得ていると、その現状が正しいもののように感じられ、本心の幸福感とは別に満足した生活が送れているように見え、現状の行動を全て肯定してしまう力があるからだ。

統計では労働者に占めるサラリーマンの割合はおよそ89%で、年収1,000万プレーヤーともてはやされるのはそのうち4〜5%、年収700万以上では約12%になる。

税金や社会保険料などを除いた手取りはおよそ7〜8割というところ。それでも月々30万円とか40万円という金額を住居や食費や子供の学費に使えるのであれば、それは一見「理想的な状態」のように見える。

ところが、私たちの社会や働く環境は日々大きく変化している。その変化に敏感に反応できるかどうかが、少し先の未来の満足度を左右する。その前提で考えてみると「高すぎるサラリー」を得ている人たちの中でこんな事が起きているのではないかと、常々考えている。

1.選択の先送り

・何となく、勤務先の様子がおかしい。職場はごく普通だが、マスコミを通じて聞こえる会社の評判は陰りを感じる。でも所詮マスコミは推測記事だろう。今すぐ倒産するなんてあり得ない、毎月ちゃんとした給与をもらっている。だから今までと同じように、しっかりこの会社で最後まで勤めよう。

・働き方を、そろそろ見直したいと内心では考えている。もうガムシャラに働くだけでは幸せな気持ちにはなれなくなってきた。働くことと、プライベートのバランスをもっと中立にしたい。でも上司からは期待されていて評価も高いし、マネージャーへの昇進も強い後押しをいただいて果たすことができた。今さら「降りる」なんて言い出せない。働き方を自分の意思だけでは自由に選べないのは、仕方のないことだ。それに見合った給与を得ているのだから。

2.実力の勘違い

・40歳を手前にとうとう、年収1,000万プレーヤーになった。このご時世、なかなかなれるもんじゃない、家族や親は大喜びだ、どこかしら周囲の自分に向ける目線も違ってきたようだ。

・毎日満員電車に乗り、たびたびの深夜残業、休日の付き合い、上司の無茶なオーダーへのサポート、どれも無駄ではなかった。その全てが自分の仕事に活きていて、成果を発揮し会社から高く評価された。その結果がこの金額に集約されているのだろう。

・今の実力を持ってすれば、万が一今の勤務先を離れることになったとしても、どんな組織に移っても高いパフォーマンスを発揮できるはずだ。年収に見合った評価を得て、ともすると市場価値はそれ以上になるかもしれない。自分の力を求めている場所は限りなくあるはずだ。

3.ローン縛り

・先日、大学時代の友人に久しぶりに会うと、平日夕方なのにネクタイもスーツも着ていない。聞くと脱サラして、昔から好きだった手淹れコーヒーのカフェを始めたのだとか。表情が眩しいくらいに輝いていて、話題も事欠かない。自分は会社の仕事とゴルフの話題以外なかなか出てこない。彼が羨ましいが、今現在の固定収入を失うわけにはいかない。まだ住宅ローンが15年も残っている。

・田舎に引っ越して、農園つきの古民家を自分で改築してのびのび過ごす生活をテレビで見た。振り返れば元々自分も農村の出身だし、のびのびと暮らす時間の流れに正直憧れる。妻に相談してみようか、でもようやく上の子の受験が落ち着いたところで、ようやく建てた都内新居の生活も家族は快適そうだ。この夢プランは退職後まで心の中にとっておこう。

***

それでも自分自信が納得して選択しているのであれば良いのではないか、という意見もある。しかし、大切な事実から目を背けないことが必要だ。

・会社から支払われている年収の額は、あなたの価値ではない。

・本当にやりたいことをできる時間は、限られている。

・逃したタイミングは簡単には帰ってこない


私たちが持っている時間が有限である限り、人生の満足感を高めるためには優先順位がとても大切な要素になる。「人生を左右する大きな決断」というのに劇的に出会う、ということは案外少なく、むしろ日々直面する一つ一つの小さな選択を、自分の価値観に照らして正しいと感じる方向に毎回重ねていくことこそが、自分なりの幸せを導く道に他ならない。

高すぎる給与を得ていると、せっかく気がついた自分自身の価値観への気づきにフタをして、現状維持という選択肢が最も合理的のように見えてしまう、あるいはそのように自分を納得させてしまう効果がある。確かに生活する上でお金は大切だが、お金が最も大切というわけではないはずだ。しかも変化を受け入れるタイミングにそれを無視することは、回り回って将来の所得を減少させることすらありうるのだ。

繰り返すが、給与所得の多寡はあなたの価値を正確には表していない。真の自分の実力は、会社や組織や肩書きを取り払って、それでもようやく顧客から得られることのできた、500円であり1万円なのだ。その先にこそお金だけでなく生活と労働のバランスがとれた、心から満足の得られる自分らしい人生のシナリオを描くことが可能になる、そんな社会へと少しずつシフトし始めている。






◆LIFE SHIFTを実現する タイムマネジメント講座(2/24 金曜日)

◆スキルノートのFacebookページ