skillnoteのブログ

プレゼン技術、多様な働き方、パラレルキャリア

「伝える」と「伝わる」の境目にあるもの

f:id:ASHIASHI:20160607223113j:plain

「伝える」と「伝わる」の境目にあるもの、それはきっと視点の切り替え。特に自分と異なる立場や属性の相手ほど、その意識の有無がコミュニケーションの質に大きく影響する。

話している自分の姿を、頭のずっと上の方から、あるいは相手の背中側から眺めているもう一人の自分を何となく意識できた時、客観的に「自分の話は理解されているだろうか?」という謙虚さが生まれ「伝える」は→「伝わる」に変化していく。

それを実践するごく簡単な方法は、口に出して「今の話、伝わってるかなぁ?」と聞いてみること。恥ずかしくも失礼でもない。その瞬間と相手を尊重すればこそ、そんな会話が生まれ、そしてより深いところにお互いのコミュニケーションを連れていってくれるのだ。

残念ながら私たちの周囲にあるほとんどのやりとりは、伝えているけど、伝わっていない。とても悲しい思いをすることも、怒れることも、みんな「伝わらない」から始まっている。

だからもう一度しっかり足元を見つめ、伝わってる?を大切にしたい、そんなことを思いながら過ごした一日でした。





*主催セミナー「親子で学ぶ 自己紹介のコツ」 【7/16(土)】自己紹介を通じて親子で笑いながらプレゼンスキルの初歩を学べます。