skillnoteのブログ

プレゼン技術、ファシリテーション、多様な働き方

スマートなFacebookの友達申請タイミング

Facebookを始めて以来の疑問なのですが、初対面で出会った方に友達申請するのにスマートなタイミングや方法ってどうすれば良いのでしょうか。

f:id:ASHIASHI:20151106173310j:plain

1.名刺交換や自己紹介した目の前で申請
→これはほとんどいませんね。LINEはその場が普通なのに、不思議。

2.またよろしくー、Facebook申請しますね!と別れて当日中
→これが多いです。しかし難しいのは「申請しますね」から「申請」ボタンを実際に押すまでの時間。あまり時間が短いと、何だかこちらだけがっついてる?みたいでカッコ悪いようなイメージは私だけでしょうか。いやそんなことは関係無くネットワークを広げたいという気持ちが大切なのですけど。いつ申請しようかと迷っているうちに相手からリクエストが届くと安心したり。結局は出会った日の夜、就寝前くらいが多いですかね。

3.翌日以降
→これはこれでタイミングを逸している感も。翌日中はまだしも、2日以上経ってしまうと今更感があり、申請自体を見送ることも。

ということで結論は出ませんが、ふとした疑問でした、何かアイデアある方は教えてください。

あと、元々の古い知り合いで、突然メッセージ無しに申請してくる方、たまにいますね。親しい人や日頃関わりのある方は既につながっていることが多いので、こういう方との人間関係はそもそも希薄。学生時代に必修の語学だけ同じクラスだった同級生とか、前の前の職場で2ヶ月だけ一緒に仕事した人とか、もはや顔をハッキリとは思い出せないこともあるので、いつどこでご一緒したかくらいはメッセージを貰えないとやや不安。ましてや相手がミスタッチで「友達かも?」のアイコンの申請ボタンを押している可能性もあるので、承認すると微妙な雰囲気になったりすることも。

いずれにしても、ソーシャルメディアにおいてもマナーや習慣は時代とともに変わっていくのでしょうね。