skillnoteのブログ

プレゼン技術、多様な働き方、パラレルキャリア

仕事は好きだが、もはや心躍る程ではないときに。

"仕事は好きだが、もはや心躍る程ではない。そこで仕事は続けるが時間を減らしていく。そして新しい仕事、特に非営利の仕事をはじめるのが良い。 

1.第二の人生を持つこと、単に組織を変わることでも良い。
2.パラレル・キャリア、すなわち本業を持ちながらもう一つ別の世界をもつこと。
3.ソーシャル・アントレプレナー=社会的起業家になること。"

ピーター・F・ドラッカー『明日を支配するもの』より抜粋・要約。

私は現在2を選んでいます。今後1や3に変化するかもしれません。

パラレルキャリアは、セーフティーネットの構築という意味合いも強く、一つより二つの世界を持っている方が、社会の変化に柔軟に対応できます。

いずれにせよ生き方は自分で選択すること、そして変化を恐れないことが大切ではないかと考えています。

f:id:ASHIASHI:20140926193449j:plain