読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

skillnoteのブログ

プレゼン技術、多様な働き方、パラレルキャリア

情報感度の高め方

コミュニケーション 情報 プレゼン
良い情報を得たければ、まず自分から発信してみると良い。ソーシャルメディア社会は、発信社会だ。

発信していると、積極的に受信する習慣が身につく。アンテナが、自然に、だんだんと伸びてくる。

そして、受信する情報の質を高め、多様性が広がると、もっと良い。それはそのまま、発信の質にもつながる。

スマホのニュースアプリを活用するのも良いが、WEB上の情報はあくまで二次情報。頼りは、それだけではないはず。

自分の、目の前で何が起きているか、よーく見つめること。街を行き交う人々の服装や、電車の中吊り広告、お花屋さんの綺麗なアレンジメントも。

f:id:ASHIASHI:20140307082651j:plain

そもそも、「良い」情報とは何だろうか。

・早い事。他よりもずっと早く。

・他では伝えていない事。専門領域。

・独自の切り口を提示すること。捉え方が違えば、同じく事実でも意味が変わる。

いまは情報過多ゆえに、目や耳を閉ざしたくなるくらい、情報が流れてくる。だからこそ、情報を適切に「仕分ける」ことが大事。受信も、発信も。

良い情報は常に目の前に転がっている。ただ、目の前は砂浜だ。その中の一粒に、気付けるかどうか。

情報感度は、普通の毎日の過ごし方をほんの少し見直すだけで、自然と高まってくる、そういうものだと思います。


○ワークショップ開催案内
 「好感度UP!自己紹介のコツ」3/29(土)
自己紹介も、いわば自分という媒体の情報を相手に伝える情報コミュニケーション。軽視しがちですが、思いのほか多様な要素で構成されています。ご参加お待ちしています。